リスニング学習のポイント

日本人はリスニングが苦手な人が多いです。

これは英語と日本語の周波数帯が違う事に原因があると言われています。

この苦手意識を克服しようと思ったら、生理学的にこのハンデをクリアするのが一番の早道です。

また、目的によっては、その分野のボキャブラリーを付けなければならなかったりとか、色々と勉強すべき事は多いです。

例えば、自分の知らない単語を聞き取れと言っても難しいでしょう。

日本語でも難しいです。英語ならなおさらでしょう。

ですから、リスニングを鍛えようと思ったら、ボキャブラリーや文法も知っておく事が必要なのです。

役立つ情報を掲載しているサイト

さて、では、どこでリスニングの情報を取れば良いでしょうか?

実は、どうやってリスニングの苦手意識を克服することを目的としたサイトがあります。

下記のサイトです。

英語のリスニング教材についてランキングを付けているサイトです。

こちらは初級者だけでなく、中級者、上級者に対しても有益な情報を提供しています。

確かに、中級者でもさらにリスニング能力を向上しようと考えている方もいるでしょうし、上級者でも能力維持のために、学習を継続しなければなりません。

例えば、仕事で英語を使わなければならないときは、独特の仕事表現なども勉強しておかなければなりません。

突然、海外から電話がかかってきたとき、どのように対応すれば良いでしょう。

Hello,Nice to meet you.ではいけませんよ(笑)

実際にあってはいないのですから。

この場合は、Hello,This is ・・・company. How may I help you?

などの表現でなければなりません。

このような会話表現をたくさん学び、自分の中にストックとして残しておく必要があるのです。

そして、経験を積んでいけば、難なく電話対応も出来るようになります。

会議の時も同じです。

ただ、実際に仕事で使う際には、英語の数字表現に気をつけなければならなかったり、気をつけるべき事はたくさんあります。

契約上の数字は絶対に間違えるわけには生きませんから。

こうやって、徐々に英語経験は積んでいく者です。

千里の道も一歩から。

何事もすぐに成果を出すと言うことは出来ないのです。

上記のサイトで紹介されているリスニング教材を使いながら、英語を適切に聞き取れるようなトレーニングを続けていきましょう。

皆さん、出来るはずです。

なにぜ、ずっと中学・高校と勉強してきたのですから。

一緒に頑張りましょう。